スペック・基本情報

ジムニー(JB64)グレードの違いを比較!XC・XL・XGでおすすめは?

ジムニーのグレードを比較

新型ジムニー(JB64)を購入を検討する際、「どのグレードを選べばいいかわからない」と迷うことはありませんか?

新型ジムニーには

  • XC
  • XL
  • XG

の3つのグレードがあり、仕様や装備品、車体価格などに違いがあります。

実は私、過去にグレード選びに失敗した経験があります。笑

間違ったグレードを選んでしまうと、買った後に「欲しい機能がついてない!」なんてことになってしまいます。

本記事では現役整備士である私が、新型ジムニーのグレード「XG・XL・XC」違いを比較し、どんな人におすすめかを解説します!

人気記事

新型ジムニーのホワイト
【2022年最新】ジムニーの納期最新情報|早まることは?キャンセル可能?2018年7月5日に発売されたジムニー/ジムニーシエラは発売当初から納期が遅いことで有名ですよね。 当時は先行予約の段階でジムニー...

ジムニーのグレード『XC・XL・XG』の違いは3つ

ルーフキャリア
ではXC・XL・XGのグレードの違いとは一体何なのでしょうか?

大まかな違いを3つ紹介します。

『XC・XL・XG』の違いは3つ
  • カラーバリエーション
  • 快適装備・安全装備
  • インテリア・エクステリア

カラーバリエーション

キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ

出典:ジムニー 価格・グレード|スズキ

カラー XC XL XG
キネティックイエロー
ブラック2トーンルーフ(DG5)
× ×
シフォンアイボリーメタリック
ブラック2トーンルーフ(2BW)
× ×
ブリスクブルーメタリック
ブラック2トーンルーフ(CZW)
× ×
キネティックイエロー
ブラックトップ2トーン(DHG)
× ×
キネティックイエロー(ZZB) ×
シフォンアイボリーメタリック(ZVG) ×
ブリスクブルーメタリック(ZWY) ×
ミディアムグレー(ZVL) ×
ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
ジャングルグリーン(ZZC)
シルキーシルバーメタリック(Z2S)
ピュアホワイトパール(ZVR) × ×
ホワイト(26U) ×

ジムニーのカラーバリエーションは全部で13種類あり、その中でも大きく2つのタイプがあります。

  • モノトーンカラー:9種類
  • 2トーンカラー:4種類

モノトーンカラーはボディ全体が統一のカラーリングをしており、2トーンカラーはルーフ(屋根)だけブラックに塗られています。

またグレードによって選べる色が異なります。それぞれのグレードのカラーバリエーションは以下の通りです。

XCのカラーは12種類
  • キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ(DG5)
  • シフォンアイボリーメタリックブラック2トーンルーフ(2BW)
  • ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ(CZW)
  • キネティックイエロー ブラック2トーン(DHG)
  • キネティックイエロー(ZZB)
  • シフォンアイボリーメタリック(ZVG)
  • ブリスクブルーメタリック(ZWY)
  • ミディアムグレー(ZVL)
  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
  • ジャングルグリーン(ZZC)
  • シルキーシルバーメタリック(Z2S)
  • ピュアホワイトパール(ZVR)
XLのカラーは8種類
  • キネティックイエロー(ZZB)
  • シフォンアイボリーメタリック(ZVG)
  • ブリスクブルーメタリック(ZWY)
  • ミディアムグレー(ZVL)
  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
  • ジャングルグリーン(ZZC)
  • シルキーシルバーメタリック(Z2S)
  • スペリアホワイト(26U)
XGのカラーは4種類
  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
  • ジャングルグリーン(ZZC)
  • シルキーシルバーメタリック(Z2S)
  • スペリアホワイト(26U)

グレードが高いほどボディカラーの選択肢が多く、最高グレードであるXCの場合ホワイト(パール無し)以外の12種類から選べます。

また2トーンカラーとピュアホワイトパールは、車体価格とは別に以下の塗装料が加算されます。

  • 2トーン:44,000円
  • ブラックトップ2トーン:66,000円
  • ピュアホワイトパール:22,000円

ジムニーの色について詳しくは『ジムニーのカラーは13種類!人気色ランキングをアンケートで調査』をご覧ください。

快適装備・安全装備

セーフティ・サポート

出典:ジムニー 安全装備|スズキ

装備名 XC XL XG
セーフティサポート 標準装備 +42,900円 +42,900円
ヘッドライト LED ハロゲン ハロゲン
ドアミラー 電動稼働
ヒーテッドドアミラー
電動稼働
ヒーテッドドアミラー
手動稼働
エアコン フルオート フルオート マニュアル
クルーズコントロールシステム 搭載 搭載なし 搭載なし

グレードごとの快適装備・安全装備を表でまとめてみました。

それぞれ解説していきます。

セーフティサポート

大きな違いはXCの場合のみ、セーフティサポートが標準装備されることです。

セーフティサポートとは、デュアルセンサーブレーキサポートを駆使した、事故を未然に防ぎ万一の衝突の被害を軽減するスズキの先進安全技術です。

詳しくは『ジムニーの安全装備をまとめてみた|セーフティサポートは必要?』をご覧ください。

XL・XGでは標準装備ではありませんが、42,900円のオプション料で装備することができます。

ヘッドライト

XCはヘッドライトがLED化され、XL・XGのハロゲンヘッドライトよりもかなり明るく、さらに泥や雪を洗い流すヘッドランプウォッシャーが装備されます。

ドアミラーはXC・XLは電動稼働し、ミラーの曇りや雪を溶かすヒーテッドドアミラーを採用しています。

XGは手動のドアミラーで、ヒーテッドドアミラーは採用されていません。

エアコン

快適装備としてXC・XLではフルオートエアコンを搭載し、XGではマニュアルエアコンが標準装備されています。

XGを購入した場合あとからオートエアコン化はできないので、注文する前によく考えましょう。

クルーズコントロールシステム

クルーズコントロールシステムはXCのみの採用です。

XG・XLでセーフティサポートを追加しても、クルーズコントロールは付かないので注意が必要です。

インテリア・エクステリア

ジムニーのインテリア

出典:ジムニー|スズキ

項目 XC XL XG
運転席バニティーミラー 搭載 搭載 搭載なし
リヤルームランプ 搭載 搭載 搭載なし
LEDサイドターンランプ付ドアミラー 搭載 搭載なし 搭載なし
カラードドアミラー ブラック ブラック なし
UVカット機能付ガラス 全面 全面 フロントのみ
熱線吸収グリーンガラス フロント
フロントドア
フロント
フロントドア
全面
スモークガラス リヤクォーター
バックドア
リヤクォーター
バックドア
全面

インテリア・エクステリアを表にしてまとめました。

それぞれ解説していきます!

運転席バニティーミラー

XC・XLの場合、サンバイザー内にバニティミラーが装備されています。

XCは左右とも、XLは運転席側のみの採用です。

リヤルームランプ

リヤのルームランプもXC・XLのみ採用され、XGには装備されていません。

さらにXCではエアコンルーバーやインナードアハンドルなどがメッキ調に変更され、その他のグレードではオプションとして購入する必要があります。

LEDサイドターンランプ付ドアミラー

XCにのみ、ドアミラーにLEDサイドターンシグナルランプが装備されます

カラードドアミラー

XC・XLのドアミラーはブラック塗装され、アウタードアハンドルをボディカラーに統一することで色合いにメリハリがある印象です。

UVカット機能付ガラス

ガラスのUVカット機能はXC・XLの場合全面、XGの場合はフロントガラスに備わっています。

熱線吸収グリーンガラス

ガラスの熱線吸収機能はXC・XLの場合フロントガラス・フロントドアガラス、XGの場合は全面に備わっており、冷暖房効果を高めることができます。

スモークガラス

XC・XLにはリヤクォータとバックドアガラスにスモークガラスを採用しているので、ジムニーの車中泊にぴったりと言えるでしょう。

ジムニーのグレード『XC・XL・XG』を比較

ジムニーイベント
それではXC・XL・XCを比較してみましょう。

※全グレード、4WD・4ATでの比較表です

項目 XC XL XG
ボディー 3ドア
車名・型式 スズキ・3BA-JB64W
駆動方式 パートタイム4WD
トランスミッション 4AT
機種記号 JXCR-J2 JXLR-2 JXGR-2
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,725mm
室内寸法 長さ:1,795mm
幅:1,300mm
高さ:1,200mm
長さ:1,770mm
幅:1,300mm
高さ:1,200mm
ホイールベース 2,250mm
トレッド 前:1,265mm
後:1,275mm
最低地上高 205mm
車両重量 1,040kg
乗車定員 4名
燃料消費率 16.4km/L
最小回転半径 4.8m 4.8m 4.8m

それぞれのグレードについて詳しく解説します!

XC:インテリアも豊富な最上級モデル

XCは最上級グレードなので、XLよりも装備は豊富です。

室内のエアコンルーバーやドアハンドル・シフトノブなどにメッキ調の加飾がされ、本皮巻ステアリングホイールを採用したことによりゴージャス感があります。

XCのステアリングホイールにはオーディオスイッチが搭載され、インフォメーションディスプレイの切り替え・ハンズフリー通話・オーディオ操作が片手でできる優れものです。

さらにセーフティサポートやクルーズコントロールが標準装備され、誰でも安全に・快適に運転することができます。

ヘッドライトはLEDヘッドランプを採用し、夜間での視界はかなり良好です。

ホイールはXCにのみアルミホイールが採用され、スポーティなデザインになっています。

XL:シートヒーターなど快適設備も充実

XLは中間グレードとなり、ベースグレードであるXGに快適さをプラスしたグレードです。

オートエアコンを採用することでエアコンをワンタッチで操作可能になり、設定温度に合わせて稼働してくれます。

またドアミラーを電動格納タイプにすることで、ミラーをスイッチで操作できるようになりました。

左右でミラーの角度もスイッチで自在に調整できるのも便利ポイントです。

XL以上のグレードではプッシュスタート式になり、より新型であると実感できると思います。

またXL以上はリヤシートが左右独立して可動しヘッドレストも付いているので、人を載せても安心です。

XG:コスパに優れたエントリーモデル

XGはベース(基準)のグレードになるので、全てが必要最低限備わっている仕様です。

イグニッションキータイプを採用し、マニュアルエアコンなど「車の操作感」を楽しむことができます。

ですが最低限だからといって、ジムニー本来の強みが消えるわけではありません。

どんな道・環境でも鮮やかに乗り越えられるタフさはベースグレードでもしっかり感じることができます。

選べるカラーバリエーションは少ないですが、シンプルなのでどんな人でも選びやすいでしょう。

XGのリヤシートはベンチシートタイプで、背もたれが一体で可動するシートです。

リヤシートには、人よりも物を載せることが多い人は使いやすいと思います。

ジムニーのグレード『XC・XL・XG』はどれがおすすめ?

オフロードカスタム
3つのグレードの特徴から、どんな人におすすめなのでしょうか?

購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください!

XC・XL・XGはどれがおすすめ?
  • XC:新型ジムニーの機能をフルに堪能したい人
  • XL:より便利さを求める人
  • XG:金額を抑えたい人

XCがおすすめの人

「新型ジムニー」をより堪能したい人や、ファーストカーとして検討している人はXCの購入がおすすめです。

XCは最上級グレードでスズキの最新の便利機能が盛りだくさん。

その中でもセーフティサポートの標準装備が最大の目玉でしょう。

街乗りで最大限の効果を発揮してくれるので、運転に自信がない人や運転初心者でも安全に運転することができます。

さらにヘッドライトもLEDになるので、運転しやすいことこの上ないです。

XCではクルーズコントロールが搭載され、高速道路の運転も快適にできるのでファーストカーとして購入しても満足できるようになっています。

XLがおすすめの人

XLはベースグレードに便利機能を追加したグレードと言えます。

「最上級グレードまでは求めていないけどオートエアコンとか電動ミラーとかは欲しいな・・・」などベースグレードと比較して、便利さを求める人におすすめです。

またXL以上のグレードではリヤシートが左右独立で可動して、ヘッドレストもあるので後席に人を乗せても安心です。

さらにXL以上のグレードには運転席と助手席にシートヒーターが追加されるので、寒い地域に住んでいる人にはXL以上のグレードがおすすめだと思います。

XGがおすすめの人

ベースグレードは車体価格がリーズナブルなので、金額を抑えたい人におすすめです。

XGはリヤシートが一体可動式で後席に人を乗せるには少し乗り心地が悪く、助手席の機能が少ないので、一人で遊ぶ機会が多い人はXGで充分でしょう。

新型ジムニーはJAシリーズに時代を逆行させたデザインになっています。

JAシリーズに乗っていたオールドユーザーの中には、「車の操作感が好き」という人もいることでしょう。

そのような「操作感」を求める人や、「新しい装備よりも使い慣れた今までの装備」を求める人にはXGがおすすめだと言えます。

言ってしまえばたしかにXGは装備が少ないです。

ですが逆に言うと「カスタムの余地がある」ということに他なりません。

ベースグレードで安くジムニーを手に入れて自分の好きなようにカスタムしていく・・・。

想像するだけで楽しそうだと思いませんか?

自分にあったグレードをしっかり選ぼう!

車を買ったあとに「グレード変えればよかった…」と思ってしまうことはよくありますよね。

中にはセーフティサポートやシートヒーターなど後付けができないものもあるので、購入前によく考える必要があります。

私もグレード選びに失敗した経験者です(笑)

でも皆さんはこの記事を読んでくださったのでもう大丈夫です!

自分に合った車選びをして、楽しいジムニーライフをお過ごしください。

ABOUT ME
komi819
某自動車ディーラーで働いている、歴8年の現役自動車整備士。
今年、自動車検査員の国家資格に挑戦予定です。
保有資格は以下の通り。

自動車整備士手帳
komi819の書いた記事一覧はこちら
関連記事