カスタム・周辺機器

ジムニーのステッカーおすすめ7選|貼り方から場所まで完全解説!

ジムニーのステッカー

「自分の愛車におしゃれなステッカーを貼りたい!」という人が多いのではないでしょうか。

ある有名な車のアフターパーツメーカーの人が、こんなことを言っていました。

「車にステッカーを1枚貼ることからカスタムは始まる!」

この言葉を聞いて、自分も好きなステッカーを選び貼ってみたい!

私はそんな気持ちになりました。

今回はジムニーにおすすめなステッカーや、車のどの場所に貼ることがおすすめなのかを解説していきます。

ジムニーのステッカーの選び方

ジムニーステッカー
まずステッカーの選び方について伝えていきます。

「さてステッカーを選ぼう!」となると、デザインや形・色などステッカーの種類はとても多いので、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

ステッカーを1枚貼るだけならまだしも、数枚のステッカーをバランス良く貼るとなるとセンスも大切になってきます!

そこでステッカーの選ぶ条件を分かりやすくまとめたいと思います。

ジムニーのステッカーの選び方
  • おしゃれなデザインを重視する
  • カッティングシートタイプとシールタイプから選ぶ
  • レトロな雰囲気から選ぶ
  • コスパ重視の価格から選ぶ

おしゃれなデザインを重視する

1つ目の選び方は、おしゃれなデザインを重視することです。

選ぶデザインによっては、車とのバランスが合わなくなることもあります。

ジムニーの場合は車がとてもコンパクトかつ、車高が高く車のフォルムが四角くてヘッドライトが丸目です。

しかもジムニーは窓の面積が小さいので、ガラス面に貼るのであれば、ステッカーのサイズ感も重要になります。

形や色、デザインを愛車のどこに貼るかを想像した上で選びましょう。

カッティングシートタイプとシールタイプから選ぶ

ステッカーには、カッティングシートタイプと普通のシールタイプの物があります。

人気なのはカッティングシートのステッカーです。

デザインが切り取られているため、貼ってみると車体との一体感を出すことできるからです。

高級感もあるため、存在感のあるステッカーを貼りたいときには、カッティングシートがおすすめです。

レトロな雰囲気から選ぶ

アメリカンレトロなステッカーもとても人気があります。

カラフルなデザインが多いため、ジムニーに一枚貼るとアクセントとなりオリジナリティーが増すでしょう。

また昭和レトロの「ひらがな」や「カタカナ」のロゴタイプのステッカーも非常におすすめです。

見る人が見るとわかる、そんなデザインもまた魅力的ですよね。

コスパ重視で価格から選ぶ

最後の選び方はコスパ重視の価格から選ぶことです。

ステッカーといえども価格帯は様々です。

低予算で抑えるのであれば500円くらいで販売しているステッカーもあります。

高額なステッカーになれば、人気ブランドのカッティングシートは5,000円くらいで販売されています。

もしステッカーを貼りたいけど、どれを選べば良いか分からない。

そんな人におすすめなのは、まずはコスパが良くて屋外用の1,000円未満で購入できるステッカーを選ぶと良いでしょう。

屋内用のステッカーを選ぶと洗車の際などに剥がれやすくなるので、注意しましょう。

ジムニーのおすすめステッカー7選

それでは、ジムニーのおすすめステッカーを7つ紹介していきます。

ジムニーオーナーとして、「これはいい!」と感じた物を選びました。

ジムニーのおすすめステッカー
  • 好きなアウトドアブランドのロゴステッカー
  • 実際にカスタムしてるパーツメーカーのステッカー
  • 車体と一体感があり存在感バッチリのデカール
  • 簡単に貼れるシールタイプのステッカー
  • 雰囲気が変わる給油口用カーボン調ステッカー
  • 立体感を演出「スズキ純正デコステッカー」
  • スポーティーを表現!傷防止にもなるドアノブステッカー

おすすめ1:好きなアウトドアブランドのステッカー

スノーピーク

出典:フィールドギアの通販(アウトドア・キャンプ用品)はスノーピーク(Snow Peak)

おすすめ1つ目は、好きなアウトドアブランドのステッカーです。

キャンパーさんやアウトドアに興味がある人ならば、好きなアウトドアブランドが1つはありますよね。

ちなみに私の場合、憧れのアウトドアブランドは「スノーピーク」です。

スノーピークのキャンプ用品は、とにかく大人気でセンスも性能も良いため人気があります。

スノーピークに限らず、実際に愛用しているキャンプ用品のメーカーのステッカーを貼っている人は多いはず。

おすすめ2:カスタムパーツメーカーのステッカーを貼る

アピオ

出典:ジムニー専門店アピオ

おすすめ2つ目は、実際にカスタムしているパーツメーカーのステッカーを選ぶことです。

カスタムしている部分が多い人は、カスタムしているパーツごとにメーカーさんが異なることもあります。

ご自身が、忘れないようにと言う意味も込めて貼っている人も多いのではないでしょうか!

パーツメーカーのステッカーを貼ることで車のスペックを表現しているようで、個人的にとても面白さを感じます。

おすすめ3:車と一体感が出るデカールタイプ

ダムドデカール

出典:DAMD Inc.

カスタマイズショップDAMDの新型ジムニーデモカーに採用されていた「Adventure of a lifetime」デカール。

多くのlittle D. ファンからのリクエストで商品化されました。

ユニオンジャックと可愛らしい犬が描かれたイージーファッションアイテムとなっています。

デザインに存在感があり、転写タイプですので貼ったときに違和感がなく車体と一体感が出るのが魅力的。

ジムニーにオリジナリティーを出したいのなら、このくらい存在感のあるデカールを一枚だけ貼るというのもおすすめです。

おすすめ4:簡単に貼れるシールタイプ

おすすめ4つ目は、簡単に貼れるシールタイプです。

今まで紹介したステッカーはカッティングシートタイプですので、貼るときにコツと手間が必要です。

しかし普通のシールタイプであれば、誰もが簡単に貼ることができます。

サクッと貼りたい人やカラフルなステッカーを貼りたい!という人には、シールタイプのステッカーをおすすめします。

カラフルなステッカーを一枚貼っているだけでアクセントになるし、オリジナリティーが出て愛車に遊び心が出ますね。

またシールタイプならお手頃な価格の物が多いため、気軽に手に入れられます。

家具の模様替えのような感覚で、たまに貼り替えて遊ぶことも可能。

おすすめ5:雰囲気が変わる給油口用カーボン調ステッカー

おすすめ5つ目は、カーボン調のステッカーです。

一見、ステッカーなのか純正品なのか見分けがつきにくいのが特徴です。

文字やイラストが入っているステッカーは苦手という人におすすめします。

給油口に貼ることで、さりげないこだわりを感じますね。

今回はカーボン調のステッカーを紹介しましたが、探してみるとデザインや模様が入っている給油口ステッカーがあります。

ご自身の好みのデザインを探してみると楽しいでしょう。

おすすめ6:立体感を演出「スズキ純正デコステッカー」

おすすめ6つ目は、スズキジムニー純正のデコステッカーです。

立体感があるため、エンブレムのような高級感が演出できます。

上記の写真は、ジムニーのシンボルでもあるサイのステッカーですが、全部で3種類のデコステッカーが販売されています。

他にもスペアタイヤのタイヤキャップに貼れるステッカーもあります。

納車後、見る機会が減ってしまうカタログですが、もう一度じっくりと見ることで案外気づいていなかった商品に出会えるでしょう!

おすすめ7:スポーティーを表現!傷防止にもなるドアノブステッカー

おすすめ7つ目は、ドアノブステッカーです。

厳密にはステッカーというよりプロテクターになりますが、貼るという意味ではステッカーと同じです。

ドアノブに貼ることで傷を防止することができます。

見た目としては、スポーティーな雰囲気が出るので、見た目も変わりつつ実用性も得られる商品。

「実際に車のドアノブは傷が付くのか?」という点に関しては、日常ドアの開け閉めをする際に爪の後がどうしても付いてしまうというところです。

良く見ると車のドアノブには、無数の引っ掻き傷が付いてます。泣

ジムニーにステッカーをキレイに貼る方法

オリジナル
次にステッカーをキレイに貼る方法について解説していきます。

カッティングシートでも普通のシールタイプにしても、空気が入らないように曲がらないように貼ることが大切です。

まずは事前に以下のものを準備しましょう。

ステッカーを貼るときに必要な物
  • マイクロファイバークロス
  • アルコール液
  • マスキングテープ
  • スキージー

そして、以下の手順で車にステッカーを貼っていきます。

ジムニーにステッカーを貼る手順
  1. まずはステッカーを貼る位置を決める
  2. 貼る場所に水を付けてマイクロファイバークロスで綺麗に汚れや埃を落とす
  3. アルコール液をかけて表面をしっかりと吹き上げます
  4. 転写シートとカッティングシートが圧着するようにスキージーでよく擦ります
  5. 貼る位置にステッカーをマスキングテープで仮止めする
  6. 剥離紙を剥がします
  7. 空気が入らないようにスキージーで擦りながら貼っていきます
  8. 最後に転写シートとマスキングテープをゆっくり剥がします

ジムニーのステッカーでよくある質問

最後によくある質問について回答していきます。

ジムニーにステッカーを貼る前に確認しておきましょう。

ステッカーの自作はできる?

はい!オリジナルのステッカーを作ることができます!

私自身も「シール直送便」でオリジナルのステッカーを製作しました。

デザインのデーターをシール屋さんに渡し、注文すると約1週間程度で仕上がり配送してくれます。

やりとりは全てネット上で行えるため、とても便利です。

最低ロット数は会社によって異なりますが、大体20枚か50枚から作ってくれるところが多いでしょう。

ステッカーの貼る場所は?

ステッカーの貼る場所については、人それぞれの好みだと思います。

リアの窓に貼ったり、サイドの窓に貼る人が大半です。

中には車体やスペアタイヤ、ボンネットに貼っている人もいます。

ステッカーのデザインやサイズ感など見極めて、ここだと思った場所に貼るのが一番良いでしょう。

「好きなステッカーを一枚貼るところから車のカスタムが始まる!」

この言葉をぜひ心に置いて、ステッカーチューンを存分に楽しんでください。

ジムニーをステッカーでカスタマイズしよう!

ジムニーのステッカーの種類は多く、選ぶのが大変ですよね。

もしも選び方に迷った際には、この記事を参考にしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

登録者1万人のYouTubeチャンネル『ジムニーおばさんのローカルライフ』を運営。

2020年に新型ジムニーJB64を購入してから、すっかりカスタムにハマりました。

娘・息子・夫を育ててます!
40年近く暮らしていた東京から群馬県への移住を機に手に入れた愛車と田舎ライフを満喫中。

関連記事